やること(todo)リストのつくり方:アフィリエイト版

投稿日:

今回は、「限りある時間を最大限に使うためのやることリストのつくり方」についてお話しします。

動画でお話ししています。

⇒やることリストの例の動画はこちら

参考:高橋書店デスクダイアリー No.68

有限な時間を最大限に使うためのやることリスト

前回の「時間論私説」では、

時間は有限だから、アフィリエイトの実践にあてる時間を意識的に取るようにしよう

とお話ししました。

時間とアフィリエイトの関係~時間論私説~

アフィリエイト7年以上の経験と書籍から時間について考えたことをお話ししています。

今回の話ではこれを具体的にして、

・アフィリエイトの実践にあてる時間(1か月・1週間・1日)を決める
・1か月・1週間・1日で何をするかを決める

について、私の実践例を踏まえて、お伝えしています。

細かい部分まで漏れなくすると成果に結びつく

アフィリエイトはやることをが意外と細かくあり、その細かい部分を漏れなく実践できると、より収入に結びつきやすくなります。

ブログであれば、キーワードや文章だけでなく、イメージ画像や読みやすいブログデザインを意識すると、読者への印象がよくなって、ブログにとどまってもらいやすくなるんですね。

 

ですので、イメージ画像やブログのデザインも、やることとして漏れなくリストアップします。

やることが細かくて多いので、頭の中でやることの計画を立てたのでは、どこかで漏れが出てしまいます。どこか抜けているので、その抜けた部分があるから、成果につながらない場合もあります。

 

ですから、やることはノートに書き出して、抜けなく漏れなくやることを「見える化」してしまうんですね。

やることを「見える化」することで、やることを覚えておく必要はなくて、ノートに書いたやることを、ひとつひとつこなしていきます。

やることリストをつくる順番

やることリストをつくる順番としては;

・やることは 大→小
・期間も 長い→短い

とやることや期間を決めていきます。

期間は、1か月・1週間・1日で決めます。

期間を3か月、半年と長く取らないのは、やることリストを作っても、様々な事情で大きく変更を求められる場合があるからなんですね。

ですので、短めに期間を取って、やることを決めていきます。

頭の中でやっても意味がない

これまでの話で、すごく当たり前のことを話しているように思われるかもしれません。

ですが、今までに教材の購入者さんや、メルマガやブログの読者さんの話を聞くと、案外できてないんだなあ、とわかったからです。

頭の中だけで、やることのシュミレーションをして満足してしまっているんです。

 

アフィリエイトは1文字でも多く、Web上にアウトプットするのが仕事です。

頭の中にとどめておくのは、Web上に何も存在しないのと同じです。

やった気になっているのが一番よくないです。

 

だから、多少面倒であったとしても、やることを紙に落として「見える化」することで、

・いま自分はノウハウの中のどこの部分に取り組んでいるのか
・やることを強制的に決めてしまうことでほかの情報をシャットアウトする

といった効果があるので、ぜひやっていただきたいんですね。

やることリストのまとめ

まとめ

・やることは大→小、期間は、長い→短いでやることリストをノートに書く
・細かい作業を抜けなく漏れなくやる
・頭の中だけで完結しないで、必ず「見える化」してやることをこなしていく

もし今までやることリストを作ったことがなかったら、ぜひこの機会に作ってみてくださいね。

けっこう効果がありますよ!

  • この記事を書いた人
向山

向山

京都市在住。半径5km圏内で今を好きに生きるを理念としてメルマガ×ブログの「クロスアフィリエイト」で生計を立てています。

-ビジネスの本質
-, , ,

Copyright© 半径5kmのリバティ講座コンテンツ , 2018 All Rights Reserved.